コミュニケーション能力の高い人に共通する3つの特徴

コミュニケーション能力

もし、あなたが、コミュニケーション能力は低いと思っていたら、技術ばかりにとらわれている可能性があります。コミュニケーションで大切なことは、技術よりも自分の「あり方」である「心」に意識を向けたほうが良いと思います。

つまり、「どう伝えるか?」より「何を伝えるか?」ということが大切です。コミュニケーション技術でもある「どう伝えるか?」に、意識が向きはじめてしまうと、本質的な「伝えたいこと」が、伝わらなくなるからです。セミナー講師として、活動をつづけたからこそわかってきたのです。コミュニケーションの目的と意味を理解していきましょう。

そこで、この記事ではコミュニケーション能力の高い人に共通する3つの特徴をお話ししますので、ぜひ読み進めていただければと思います。

コミュニケーション能力の高い人が意識している3つ

コミュニケーション能力が高いと感じる人は、共通する3つの特徴に意識を向けています。

・聴くこと

・読み解く(感情を)こと

・伝わること

コミュニケーションを成立させるためには、相手の話を聴くことです。「聴くこと」で信頼関係を構築します。信頼関係ができていないと、相手があなたの伝えたいことを受けづらくなります。人は聴いてくれる人には、信頼をよせるものです。

そして、聴いた情報や表情をもとに相手の感情、持っている知識・情報量を「読み解くこと」です。人の興味・関心・共感は感情からきます。相手の感情を理解し、その感情に向けて「伝わること」である、伝え方を意識してください。特に相手にない知識・情報である専門用語を使って伝えると「?」がでてきて、伝わらなくなるので注意しましょう。

コミュニケーションとは、キャッチボールと同じ

コミュニケーションとは、言葉や文字を使って相手に伝えたいことをキャッチボールする行為です。実際のキャッチボールでも、ボールを相手の取りやすいように胸元に投げた時と、取りづらいボールを投げた経験はないでしょうか?それとまったく同じです。相手の取りやすい「ボール」を「言葉や文字」におきかえてみてください。

相手の受け取りやすい言葉を投げることが大切です。お互い取りづらい言葉を投げ合うと、コミュニケーションが成立しないことになります。「どう伝えるか?」である技術よりも、「何を伝えるか?」という相手の立場を思って伝えると伝わりやすくなります。手紙や文通も同じことが言えます。あなたの感情が入っている言葉になるので、相手の心に響き「あなたの言葉」を受けとります。

コミュニケーション能力を高める近道とは?

コミュニケーション能力を高める近道とは?それは、訓練です。コミュニケーションを高めたいと意識しながら訓練することです。私は、元々システムエンジニアなので、黙々とパソコンに向かって、会話の少ない業態が長かったためコミュニケーションに関しては、低い方でした。

でも、セミナー講師の活動を続けているうちに、受講生の反応を見ながらコミュニケーションを取り、伝わる技術が自然と身についていきました。ただ、繰り返すのではなく、その都度、反省する点を見直して改善していく内に「伝わる」コミュニケーション技術が向上していったのです。スキルを身につけたいお勧めの副業は「話す仕事」の代表格であるセミナー講師だと実感しています。

まとめ

コミュニケーション能力を高めたいと前向きに考えているのであれば、技術の前に感情に訴えられる相手に寄り添う言葉を意識してください。その際のポイントが「聴く事」「読み解く事」「伝わること」の3つです。

職場、家族、親子、仲間など、生きていく以上「コミュニケーション」は、あなたの人生を豊かにできるツールでもあります。相手のメリットを考え、心をつかむことで、あなたの求めるコミュニケーション能力が身についていくもの、と私は思っています。

具体的なコミュニケーション能力の高め方については、クリアセミナーラボ会員向け勉強会でお伝えしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました