2021/12/05 ○○さん、いつまでも健康でいるための認知症予防をしていますか?

メルマガライブラリー

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人生が豊かになる
ヒントは過去にあり
答えは今にあり
可能性は未来にある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

○○さん

こんばんは。

望む人生が
穏やかに軽やかに
実現するヒントをお届け
人生に影響を与える

他人中心軸から
自分中心軸思考へ
シフトする

「思考のシフトコーチ」
佐野です。

先日
いつもお世話になっている
天満橋のカフェ「Sotcoffee」で

同じビルの
ヨガスタジオを持っている
ヨガの先生から
椅子を使ったヨガの
レッスンを受けました☆

仕事柄
椅子に座っている
機会が多いので

とても
スッキリとして
心と体にも
健康的でした!

以前
ちょっとだけ
ヨガをしていたこと
があります。

また
習いたくなりました(^^)

特にヨガは
心と身体のバランスを
整えるために

呼吸を
大切にしています。

だから
思考のシフト効果に
最適なのです(^^)

無理なく
始められるから
いいですね(^^)

と言うことで今日は
人生の三大資源
健康・時間・お金の

「健康」をテーマに
脳の健康
について
分かち合いします!

脳は
人間の臓器を
コントロールしています。
(腸は除きます)

さらに
思考による
心の健康にも
大きく影響します。

だから
健康のために

まずは
脳のことを
お届けしたいと思います。

今の時代
そして
これからの時代

高齢化による
「認知症」が
増えていきます。

2012年時点で
高齢者の7人に1人

2025年には
高齢者の5人に1人

2060年には
高齢者の4人に1人

厚生労働省の研究で
推計が発表されています。

まだ若いから、、、

という発想は
とても危険です。

問題を
先送りして
取り返せない結果
になります。

だから
知った今から
という行動を
常に意識して
欲しいと思います。

と言うことで
朗報です!(笑)

歳をとっても
記憶力が良い人と
悪い人がいます。

ということは
脳の衰えは

「年齢ではなくて
脳の使い方のなのです」!

脳は
「使い方」次第で

何歳からでも
成長することが
脳科学で
わかってきています。

では
どのような
使い方が
良いでしょうか?

実は
シンプルな
方法があります。

それは
脳トレにもなる
「ペンで紙に書く事」
です。

紙に書くことで
脳が活性化されます。

研究結果で
わかってきたことですが

パソコンや
スマートフォンの入力と
手書きとでは
使う脳が違うのです。

具体的なことを
ここで述べると
長くなってしまうので

セミナーや
コーチングの機会の
際にしますが

手で書くことで
アイデアや発想を
生み出すための
前頭前野を活発にさせます。

最近、
問題になっている

パソコンや
スマートフォンに
かたよりすぎる
不健康行為が
脳にも良くないのです。

もちろん便利な
ツールなので
活用することは
大事ですが

かたよりすぎるのが
問題です。

デジタルの良さ
アナログの良さ

両方を使うと
いいですね(^^)

では次に
どんなことを
書く事がいいか?

手で書く習慣が
身に着くといいので

まずは毎日
短くてよいので
日記を書くといいでしょう。

想起トレーニング
(思い出す訓練)
イメージを膨らます
自分を客観的に見る

など
特に
楽しかったこと
良かったことを
ためになったことを
書くといいでしょう。

心も気持ちよくなって
睡眠効果にもいいです☆

書くことで
脳が活性化に
つながります。

僕は
今日のこと日記
以外にも

未来に対する
夢・ビジョンリストを
毎日10分くらい
使って書いています。

この時間は
妄想タイムなので
頭の中が
超ヤバいです(笑)

毎日書く事を
しているため
脳がクリアになって

ふと
アイデアが自然と
下りてくる機会が
増えています。

○○さん
健康な精神は
健康な体に宿ります。

身体の健康のために
いつまでも
若々しくいるために

毎日
心と身体のケアや
メンテナンスを
習慣にしてくださいね!

○○さんの身体は
○○さんだけのもの
ではないですからね(^^)

○○さん自身と
○○さんの
大切な人のためにも。

一度きりの人生を
心の感じるまま楽しく
ワクワク生きましょう(^^)

では、おやすみなさい。
明日も素敵な朝をお迎えください^^

「家族が一緒にいること。みんなが健康で、そこに温かい笑顔があること。それこそが人間の本当の幸福ではないでしょうか。」

By 黒柳徹子

あなたに読んでいただきたいメルマガ。穏やかに軽やかな毎日を過ごして欲しいので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました