2021/06/11 ○○さん、EQを高めるための心を整える習慣を意識していますか?

メルマガライブラリー

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人生が豊かになる
ヒントは過去にあり
答えは今にあり
可能性は未来にある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

○○さん

こんばんは。

「思考のシフトコーチ」

佐野です。

読書は好きで毎日
欠かさないのですが
今読んでいる本は、

「15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?」です。(著者 奥野 一成氏)

高校生向けに
書かれている
お金の教養が身につく本。

最初「序章」の1行目。
親として、
ハッとさせられました。

「親御さんの言うことを鵜呑みにしないでください」

昨今
学生のうちから
お金に関する正しい知識を
身につける必要性が
説かれています。

私の学生時代は
お金と向き合った
授業や教育は無かったです。

だから、
著者の「親御さんの言うことを鵜呑みにしないでください」


という言葉に危機感を感じて

大人も「お金」について
正しく学ぶことが
大切だと思いながら読んでいます、

お金も含めて
ビジネスに必要な
IQを高めるために。

おおっと!
今日のテーマは
IQではなくてEQでした (^^;)))

○○さん
これからのビジネスに
とっても大切なEQ。
ご存知ですか?

IQは「知能指数」。
情報を処理して
答えに辿りつける力です。

それに対して

EQは「こころの知能指数」。

自分と相手の感情に目を向け
それをうまく調整することで
問題解決やコミュニケーション
に活用する力です。

○○さん
このEQを知った時点で
納得したのではないでしょうか?

これからのビジネスに
求められる能力が
EQであることを。

時代が移り変わり
所有という
物質社会から

共有という
精神社会にシフトしている。

そう感じているのは
僕だけではないと思います。

○○さんも
感じているのでは?

なぜ、コミュニティーが
増えているのか?

組織も
ピラミッド型の管理体系から
フラット型の自由体系のチームへ
移り変わっています。

その変化は
物質的なものでは
心が満たされない。

見えない部分である
精神的なものに移っている。
と思っています。

そして
そこに求められる能力が
EQ「こころの知能指数」です。

1人で完結する仕事は
存在しません。
必ず人から人へ
仕事はつながっています。

お金も
人から人へ移動します。

そこには
心が伴っています。

自分の心
他者の心
同じくらい大切にすることが
求められています。

そのために、
まずは
○○さんの心を
整えていきましょう。

その方法は、
2ステップです。

まず、
最初のステップ
○○さんの
感情を知りましょう。

毎日寝る前に
今日の何かの出来事で
感じたことを
書いてみましょう。

感じたことに対して
いい悪いと、
判定はしないでください。

そのまま受け止めてください。

大切なことは
○○さんが
何をどう感じているのか?
を知ることです。

繰り返していくと
○○さんの
大切にしていることが
見えてきます。

どんな感情でも
自分のこととして
理解をしていくと
感情のコントロールが
できるようになります。

それから2ステップ目
他者の気持ちを認めることです。

相手が
○○さんの考えと
違っていても認めて
否定も肯定もせず

相手の価値観として
尊重できるよう
距離を置いてください。

価値観も感情も
人それぞれ違って
当たり前なのです。

生まれた環境も
育った環境も
趣味も思考も
みな一人ひとり
違うのですから。

この大前提を常に意識して
自分を大切にすることで
他者のことを大切にできます。

大切なポイントなのでもう一度。

最初に○○さんご自身の
感情、心を大切にしてください。

それから
他者の感情、心を大切にする。

この順番は間違えないでくださいね。

一番大切な心は
○○さん自身の心。

○○さんの
唯一無二の味方は
○○さん自身だから (#^_^#)

自分の心を大切にすると
他者の心を受け止められる
心に整っていきます。

そして
他者との信頼関係が築かれて
○○さんのチームが
大きく成長して拡大していきます!

一度きりの人生を
心の感じるまま
楽しく、自由に生きましょう。

では、おやすみなさい。
明日も素敵な朝をお迎えください^^

「自分と向き合う方法は、主に2つある。ひとつは孤独な時間を作り、ひとりでじっくりと考えを深めていくこと。そしてもうひとつは、尊敬できる人や仲間に会い、話をすることで自分の立ち位置を客観的に見ること。」

By 長谷部誠

P.S.

「今日も気づきをありがとう。感謝です。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました