2021/09/17 ○○さん、ストレスフリーな生き方をしていますか?

メルマガライブラリー

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人生が豊かになる
ヒントは過去にあり
答えは今にあり
可能性は未来にある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

○○さん

こんばんは。

望む人生が
穏やかに軽やかに
実現するヒントをお届け
人生に影響を与える

他人中心軸から
自分中心軸思考へ
シフトする

「思考のシフトコーチ」
佐野です。

今の本
ロバート・ハリス著の
「人生の100のリスト」
を読んでいます。

へー面白い!
まじか!(笑)

という思える夢を
ロバートさんは
持っていて
実現したんだ~

夢の持ち方
楽しみ方の
教本みたいに
楽しく
読んでいます(^^)


僕も毎日
夢(やりたい)リスト
書いてます~

書いていると
ワクワクします(^^)

そして
ストレスフリーな
生活を送っています☆

そこで
今日のテーマは
ストレスについて
向き合って
みたいと思います。

家族
友達
仕事関係
地域・社会

人が集まれば
楽しいことがあれば
ストレスになる
こともあります。

適度なストレスは
成長のために
必要ですが

過度なストレスは
心身ともに
よくありません。

○○さんは
どうですか?

ストレスを
強く感じることは
多いですか?

僕は
過去に何度も
大きなストレスで

精神的
肉体的
ダメージを
受けました。

人と関わって
いくうえで
避けられないことです。

でも
ようやく
ストレスフリーな
日常を

概ね
過ごせるように
なりました(^^)

なんだ~
そんなことだったのか~

と、気づいた
たった一つの考え方
思考を変えるだけ
でした(笑)

その
たった一つの
変えた考え方を

○○さんに
分かち合いたいと
思います!

結論から言うと
「自分で自分を
承認してあげること」です!

有名な
心理学の理論
“マズローの欲求5段階説”
というものがあります。

人間の欲求は
次の5段階
ピラミッド型で
順番に上がっていく
という理論です。

1番下の5段
生理的欲求

生命を維持
繁殖するための
食、睡眠などの
本能欲求です。

下から
2番目の4段
安全欲求

安心して生活
するための
家や環境への
安心欲求です。

下から
3番目の3段
社会的欲求

家族や会社
地域などの
所属欲求です。

下から
4番目の2段
承認欲求

自分を
認めてもらいたい
求めてもらいたい
承認欲求です。

最後の下から
5番目の1段
一番上の
自己実現欲求

自分が
実現したいことの
実現欲求です。

○○さん
いかがでしょうか?

○○さんは
今、どの欲求段階に
いますか?

僕は
長い間自分を
認めてもらいたい
求めてもらいたい
という

下から
4番目の2段
承認欲求にいました。

多くの方が
ここに
とどまっています。

僕は
ずっと心が
満たされず
ストレスを
抱えていました。

このストレスは
エンドレスです。
終わりがありません。

なぜだろう?
本気で考えました。

本を読み
人に話を聴き
やっと気づきました。

ストレスが
無くならないのは
当然なことでした。

なぜなら
承認してもらう対象が
家族
親戚
上司
部下
同僚


などの
自分以外の
他人だからです。

他の人の意志は
親子であろうと
家族であろうと

その人でしか
決定できないこと
だからです。

人は他の人を
コントロールできません。

そのことに
気づいた時
承認してもらう対象を
自分に変えました!

自分で自分のことを
承認することで

自分の
いいところも
ダメなところも
両方受け入れられました(^^)

「こんな自分でいいのだ(笑)」
バカボンのパパ風(古いかなぁ~)

ちょっと考え方を
変えただけで
気持ちが穏やかに
軽やかに幸せになる。

ものすごい
簡単な方法だなぁ
と思いました(^^)

この承認欲求を
越えると、、、、

ねっ!
マズローの5段階欲求
一番上の段の
実現欲の
自己実現ですよ☆

多くの成功者
幸せに今を
生きている人

ほとんど
自分で自分を
承認できるように
なった方です。

なので
○○さん
自分で自分を
承認して
あげてください。

そして
○○さんの
やりたいこと
実現したいこと
なりたい自分に
向かってください(^^)

夢を追いかけながら

今しかできないことを
楽しんでください。

一度きりの人生を
心の感じるまま楽しく
ワクワク生きましょう(^^)

では、おやすみなさい。
明日も素敵な朝をお迎えください^^

「人は自分の承認無しには満足できない。」

By マーク・トウェイン(『トム・ソーヤーの冒険』の著者)

コメント

タイトルとURLをコピーしました