感情は、心のバランスをコントロールして身を守るセンサー

感情編

あなたのほとんどの行動は、感情によって決定されています。その決定の選択は、二択です。「拒否する(こばむ)」か「受諾する(引き受ける)」です。何かを決定する際に、あなたの現在の「思考」で、決定するための考えやポリシーを認知して、認知された結果を「感情」が受け取ります。

そして、あなたの心の中で葛藤している二択「拒否」と「受諾」を最終的に判断します。重要なことは、「行動は」思考にある考え方で決まるのではなく、その考え方に対する心で感じた「感情」によって決定しているということです。行動を決めている時の心の状態は、ドキドキやハラハラと言った「恐れ」です。その恐れを行動によって「安心」「安堵」に変えるための行動を決めています。そこには2つのルートがあります。

失うことへの恐れと得ることへの恐れという分かれ道

思考は、今持っている情報から「考え方」となり、行動を判断した場合の予測を立てることになります。その予測から「恐れ」を回避したいという感情が2つのルートの分かれ道でどっちに行くか決めています。その2つとは「失うことへの恐れ」か「得ることへの恐れ」です。

失うことへ恐れとは、今持っていること(もの)を失いたくないという恐れの感情です。得ることへの恐れとは、今持っていないこと(もの)を得ることによる恐れの感情です。前者は「失ったらどうしよう」という、持っているものに対して、後者は「はじめてのことでどうしよう」という、持っていないものに対して、どちらもお恐れを抱いています。

ここで、感情が最終的な行動の決定をします。

現状の自分維持のために「失いたくないから失わないための行動をしよう。」

未来の自分成長のために「チャレンジして新しいことを得る行動をしよう。」

どちらも、「恐れを安心にするため」の行動を感情で決定しています。どちらも、あなたの本当の感情で決定したものなら正しい選択です。しかし、あなたの本当の感情でないとしたら、選択した結果の行動に、後々大きな後悔が付きまとうことになります。

感情には対極であるプラスとマイナス2つの存在がある

そこで、行動を決定する感情のことを知っておきたいと思います。感情には2つの存在があります。プラスの感情(ポジティブ)とマイナスの感情(ネガティブ)です。両方の存在があるからこそバランスが整います。どちらかに偏りすぎると「無理」が生じます。

数字でイメージするとプラス感情が+100とし、マイナス感情を-100とします。その中心点±0とします。+100に近ければ近いほど、ポジティブな思考となっていきますが、浮足立って調子に乗ってしまい、まわりとのバランスが崩れてしまう可能性があります。

逆に、-100に近ければ近いほど、ネガティブ思考となっていき、身動きがとれなくなり、最悪、病的な状況を生みだす恐れもあります。そこで、大切なことは、プラスとマイナスのどちらかに隔たるのではなく、より中心である±0を意識することで、冷静で安定した状態を保つことができます。

その時の感情は限りなく穏やかで落ち着いています。その時の判断程、適切なことはありません。そして、あなた自身の身を守ることにつながる行動となるのです。なぜなら、0に近いほど、一番心に正直になっている状態であるからです。

感情は、あなたの身を守るセンサー

常に人の感情(心)は、今・ここにいないです。未来や過去を行ったり来たりしています。「昨日、あの人に連絡しておけばよかった。」「今夜の夕飯は何にしよう?」などです。「今ここ」に集中して今の心の状態を意識する。その時の感情こそが、あなたがあなたの身を守るためのセンサーなのです。

そのセンサーを無視して、無理に他人の要求を受けたり、付き合ったりしているうちに、心が削られていきストレスを強く感じるようになります。今の心のある感情に意識を向けて、「今どうしたいの?」と、あなたの心の奥底にある、内なる声に耳を傾けることが大切です。

「~すべき」「~ねばならない」という、親からの言葉、これまで受けてきた教育、世間が言う多くの言葉による思い込み、古い常識による思考は、あなた心のセンサーの感度力を弱くしてしまいます。心のセンサーの感度をよくするために、あなたの心に耳を傾けてください。

まとめ: 実現したい未来のために感情のバランスを整える習慣を

思考にないことは「悩まない」です。なぜなら、どうでもいいことだと認識しているからです。でも、思考にあることは、生きていく上で大切な自分のことであれば「悩む」という感情が膨れ上がっていきます。しかし、ポジティブな言い方に変えると、解決できることだから悩みとなることなのです。

解決できるから、やってきたお題です。悩みを解決するためには、客観的な考え方と冷静な判断をする感情です。そのためには、心のバランスを整えて、解決するための意識レベルをあげるスキルを取り入れる必要があります。

悩みと向き合うための思考から、解決したいと思う感情にシフトして、心を穏やかにするネガティブとポジティブの中心に意識を向け、感情のバランスを整える習慣を身につけ、そして、「今ここ」に集中する習慣を身につけてください。あなたの描いている人生を穏やかに、軽やかに実現するために。

次の記事で、ありたい人生を「感情」にある心の感じるままに従って実現していくための「知恵」について、お話ししますのでご参考になれば幸いです。

人生余白の楽描きくらぶ
人生余白の楽描きくらぶでは、人生の相談ややりたいことを見つけなど、オンライン「お茶会」やワークセッションを定期的に開催しています。子どもの頃、教科書の余白などに、自由に楽しく落書きしたように、皆さんと一緒に人生の余白をつくって、なりたい未来を楽しく楽描きするコミュニティくらぶを目指しています。
感情編
スポンサーリンク
クリアセミナーラボをフォローする
スポンサーリンク
人生余白の楽描きくらぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました