2021/06/19 ○○さん、200%親子関係が修復する方法をご存知ですか?

メルマガライブラリー

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人生が豊かになる
ヒントは過去にあり
答えは今にあり
可能性は未来にある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

○○さん

こんばんは。

「思考のシフトコーチ」

佐野です。

先日、住まい近くの
新しいカフェを見つけて
はじめて行きました。

とても
おしゃれです(^^)

若いスタッフたちが
一生懸命対応していて
とても気持ちよく
応援したくなって
行きつけカフェになりました☆

今日のメルマガは
カフェで、
心地よい音楽と
美味しいカフェラテ

そして、手作りの
ベイクドチーズケーキを
美味しくいただきながら
書いています^^

さて
先日のメルマガで
人間関係の原因は
親子関係にあると
お伝えしました。

親子関係が良いと
他の人間関係も
良くなります。

そこで
今日の分かち合いテーマは
「親子関係の修復」です。

○○さん
お父さん、お母さんとの
関係はどうですか?

僕は
4年前に他界しましたが
何かあればすぐ殴る怒る
父が怖くて嫌いでした。

僕が6歳のころ
父が母を叩き
泣いている母の
記憶があります。

社会人になってから
母が僕に話してくれた
ことがあります。

父に叩かれ母が泣いている時
当時6歳だった僕が
食卓の椅子を流し台に運び
椅子の上にあがって
泣きながら
食器を洗い始めたことを。

「そんなあなたを
後ろから抱きしめた。
あの時はあなたに救われた。」
と、母が話してくれました。

だから
子供のころの父の記憶が
「鬼」のような存在でした。

古い昭和時代の厳格な父。
許せない存在でした。
嫌いな存在でした。

だから
避けていました。

それが原因で
他の人間関係も
悩みとなっていました。

人間関係の悩みの
根本的な問題が
親子関係の問題。

親子関係が良好になれば
どんな人間関係に対しても
成長のための関係に代わります。

○○さん、そこで
200%親子関係が修復する
方法をお伝えしますね^^

親子関係を修復するためには
2つのステップがあります。

まず1つ目のステップが
親子関係に問題が起こる
最大の原因を知ることです。

その原因は
「お互いの人生が
自由であることを認めていない」
ことです。

親であっても
子であっても
別々の人間であり
人生も別々

価値観も違う
自由な人生がある。

それなのに
親は子に、子は親に
こうあるべき
こうすべき
こうなって欲しい

と、

自分の「ものさし」で
親は子に、子は親に
考えてしまうから

否定的な感情
ネガティブな感情となり
親子との関係がこじれます。

身近にいる仲がいい親子を
じっくり見ているとわかります。

お互いの自由を認めていると。

親には親の、子には子の
人生があり自由であること。

このことを
認めるところから
スタートしていけば
親子関係が良い方向へ流れます。

親であっても子であっても
人は人を変えられません。

人は人をコントロールできません。
ということを知ってください。

人をコントロールできる
と思った時点から
ストレスとなり
ネガティブな感情が増え
不幸が続きます。

親には親の、子には子の
人生があり自由であること。

全て、このことが前提である
ということを理解して
お父さんお母さんを
許してください。

親でも
何もかもできる、わかる
完璧な人は
この世に存在しないのですから。

そして
2つ目のステップです。

親を許せたら
○○さん
今度は自分自身を
許してください。

子供のころ
親の価値観や親の正論によって

やりたかったこと
好きだったことを
あきらめたことは
なかったですか?

その時の
○○さんの感情は
今でも怒って、すねています。

「何であの時
やりたかったのに
やらせてくれなかったの!」と。

親の言葉で
あきらめていたのであれば
過去の自分に「ごめんね」って
許し、癒してあげてください。

僕は
父の言葉でたくさん
あきらめたことあったので
その時の自分に

「ごめんね、父が怖くて
自分に嘘ついて、
素直じゃなかった」って、
誤りました。

大切にするのは
親の価値観や親の正論ではなくて
○○さんの気持ちや欲求です。

それが
親の考えと違っていても
それは当然のことです。

1ステップでお話しした通り
親も別の人間であり
別の価値観であり
違う人生があるのだから。

考えが違うために
衝突することがあっても
一時的なものであり
親子だから
時とともに
また笑顔になります。

2つ目のステップは
自分を許すこと
自分を癒すこと
自分を大切にすること。

いいところも
だめなところも
○○さんの
唯一無二の素晴らしい個性。

両方あるから素晴らしい存在。
自分をとことん好きになれば
親のことも好きになります。

親子関係が良好だと
他の人間関係も良好になります。

そのために
自分を許し、癒し
好きになってください。

次回のメルマガで
自分を好きになる
究極の方法をお届けします(^^)

一度きりの人生を
心の感じるまま
楽しく、自由に生きましょう。

では、おやすみなさい。
明日も素敵な朝をお迎えください^^

「もし本当に好きになりたいと願うなら、許すことを知らなければなりません」

By マザー・テレサ

P.S.

「今日も気づきをありがとう。感謝です。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました