初心者セミナー講師のためのマーケティングとは

マーケティング

サラリーマンが始めるセミナー講師のマーケティングについてお話します。マーケティングというと、ピンとこない方が多いかと思います。マーケティングとは、で検索すると以下の通りに出てきます。

マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。 ウィキペディア

少しわかりにくいです。私も最初、調べた時はイメージができなかったです。そこで、私のマーケティング定義を考えました。「初心者セミナー講師の段階でのマーケティングとは、悩みや問題を解抱えている人を解決する目的のために、セミナーテーマをつくり、より多くの人に知ってもらうための手段を増やしていくこと」です。

セミナーの目的と手段を常に意識する

私のマーケティング定義は、目的と手段を常に意識することがベースとなっています。目的は、セミナーそのものではなく、悩みや問題を抱える人を解決することです。実は、セミナーをすることが目的となってしまって、成果がでないセミナー講師が多いのです。そのため、クライアントが増えず、セミナー講師をあきらめてしまうのです。

シンプルに言うと、「悩みや問題を知っている。その解決法を私は知っている。」この言葉だけでいいのです。つまり、あなたのターゲットは、あなたが過去に悩んでいたことを解決したテーマであれば、セミナー講師としてあなたしかできないNo1セミナーとして、育っていきます。あなたという唯一無二が、No1なのです。

実践しながらマーケティング力を高める

セミナー活動は、繰り返し続けていくことでマーケティング力は高まっていきます。集客、営業力などの力は、経験から学ぶことができます。ビジネス用語は、なんとなく分かっても難しく書かれているものが多いですね。セミナー講師は、クライアントの悩みや問題を解決してこそ、ファンを増やしていくことができます。

そのためにも、あなたのセミナーの存在を多くの人に知ってもらう必要があります。サラリーマンが副業でセミナー講師をはじめる際の最初の壁が、集客です。申し込みが無い、セミナーの存在があまり広まっていない。と、悩みだします。私も最初はそうでしたから。でも、だからこそ、初心者としてのやり方があるのです。

Webマーケティングの発展

多くの人にセミナーの存在を知ってもらう最大の効果がWebです。今や誰もが、パソコンやスマートフォン、タブレットでインターネットにアクセスしています。あなたも良くインターネットで何かを検索した画面で広告や関連サイトなどを目にしているかと思います。

このWeb上のマーケティングの仕組みは多種多様にあります。インターネットの普及で、個人ビジネスが普及していったといっても過言ではありません。すでにある仕組みを使いセミナーの告知を色々していけば、知る人も増えていきます。あとは、その告知内容に興味を抱いてもらえる表現や魅せ方を磨いていけば申込率も上がることでしょう。

セミナー講師としての価値を上げる

結果的には、セミナー講師としての価値を上げていくことに集中していけば、セルフブランディングが作られていくこととなります。その結果、クライアントである顧客が増えて、さらには、顧客が顧客を呼ぶという口コミマーケティングになっていきます。目指すはここです。

いろいろやりだすと時間が限られているサラリーマン。疲れてしまいます。セミナー講師から始める副業は、顧客が増えて収入が増えるイメージをしながら、楽しく取り組んで欲しいと思います。セミナー講師はスキルが身につき、高収入も可能な働き方です。

セミナー講師のためのマーケティング実践については、クリアセミナーラボ会員向け勉強会でお伝えしています。

人生余白の楽描きくらぶ
人生余白の楽描きくらぶでは、人生の相談ややりたいことを見つけなど、オンライン「お茶会」やワークセッションを定期的に開催しています。子どもの頃、教科書の余白などに、自由に楽しく落書きしたように、皆さんと一緒に人生の余白をつくって、なりたい未来を楽しく楽描きするコミュニティくらぶを目指しています。
マーケティング
スポンサーリンク
クリアセミナーラボをフォローする
スポンサーリンク
人生余白の楽描きくらぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました