オンライン化でスキルが身につく副業とは?

副業について

コロナウィルスによって、社会や企業が危機となって生きている今、新しい働き方が求められています。これからの新しい働き方の一つとして、スキルが身につく副業を私はお勧めしています。なぜなら、いつ・どこで・どうなるかわからない社会状況です。そのため、自力で稼げる力を今のうちに身につける必要があると、私は思っています。

では、スキルが身につく副業とは?今、オンライン化がどんどん広がり浸透しています。オンラインによって身につけられる副業は、「話す副業」「書く副業」だと思います。話す副業は、相手に共感を与えられる話す技術が身につきます。書く副業は、同様に書く技術が身につきます。具体的にはどんな副業でしょうか?

誰にも奪われない自分の資産となる2つの副業

具体例を上げると、話す副業は、セミナー講師です。私は、セミナー講師を続けていることで「話す技術」が身についています。もちろんこれからもさらに磨きがかかると実感しています。副業であっても、対人関係です。話す技術はとても大切なスキルだと思っています。これは、本業にも生かされています。

書く副業は、ライターです。依頼のあったテーマの記事をライティングする仕事です。インターネット上にあるサイトの記事や電子書籍等の執筆です。読者目線で書くことによって、共感を得られるライティング技術が身につきます。セミナー講師でも、セミナー申し込み用サイトを使ったりしますのでライティング技術は大切だと思っています。お金を得ながらスキルアップ副業ができるのはとても幸せなことだと実感しています。

働き方の多様化となったニューノーマル

コロナによってリモートワークが進み今では、新しい働き方のスタイル「ニューノーマル」といわれています。ニューノーマルとは、新しい常態のことです。サラリーマンでもリモートワークになって、通勤時間が無くなった分、その時間を副業に充てることもできますので、お金を得ながらのスキルを磨く副業はお勧めだと思います。

オンラインによって、インターネットを経由する仕事がこれから爆発的に増えていくことでしょう。今からでも遅くはないと思います。これからの人生を豊かにする「働き方」として、話す副業、書く副業にチャレンジして欲しいと思います。そのために、私は、会員制の学び互いにスキルアップをするオンライン勉強会を開催しています。一人では続かないものです。仲間と学ぶ場所(オンライン)でスキルが身につく副業から始めてみてはいかがでしょうか?

スキルが身につくと自分が商材・サービスとなる

スキルが身につく副業を継続していくと、レベルアップして自分自身がコンテンツとしての商材・サービスとなっていきます。つまり、自分自身が常に進化していけば安定的な副収入となる副業へと変化していきます。自分自身が商材・サービスになれば、生涯現役で働けますね。

そのためには、継続的なインプットとアウトプットが大切です。知識を知恵に変える方法は、たった一つです。知ったこと(インプット)を実践(アウトプット)することで、知識を使えるようになる知恵となるからです。この連続、反復によってスキルが身につき自分自身の商材・サービスがよりよくなります。

スキルを身につけた後の新しい副業の未来

自分自身がコンテンツマスターとなり、商材・サービスとして確立し、収入が安定的に増えて、本業を超える収入となった時点で独立も可能です。副業から着実にスキルアップして、独立ができれば、仕事時間・場所は全て、自分で決められるのです。定年後の仕事にもつながります。

一時的に収入が欲しい場合は、一時的なアルバイト副業でよいかと思いますが、未来の時間や場所に縛られない、また、会社に頼らない人生を目指す場合は、スキルが身につく副業を私はお勧めします。コロナによって社会が大きく変化していく時代、自分の身は、自分で守る時代とも言えるでしょう。仲間とスキルの身につく副業、セミナー講師を私は続けていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました