目標達成の技術を身につけられる簡単なコツ

目標達成の技術

あなたがもし「目標設定しても、なかなか達成できない」と悩んでいたら、最初に思い出して欲しいことがあります。子供の時に「達成できたこと」です。鉄棒、自転車、一輪車なんでもいいので「できたこと」を思い出してください。嬉しかったですね。

その時に、「なんでできたのだろう?」と気づくはずです。目標達成の技術は、実はとてもシンプルなことだと思っています。その目標達成が習慣化する簡単なコツがわかりますので、この記事をぜひ読み進めていただければと思います。

目標を達成するための目標設定方法

目標達成するためには、目標設定が必要となります。目標設定をする際に、長期の目標設定をつくってから、短期の目標設定をつくることが最大のポイントとなります。あなたも元旦に1年の目標を立てたのに達成できなかった経験がありませんか?短期目標だけでは達成しないケースが多いのです。

なぜなら、長期の目標設定をつくることで、達成するための短期の目標設定ができるからです。オリンピックに出場した女子マラソンランナー高橋尚子さんの言葉があります。

ハートはそんなに強くないと思います。どちらかというと精神的に弱いです(笑)。ここまでやってこられたのは、いつもその時々の目標を追いかけていたからだと思います。

「いつもその時々の目標」とは、短期的なものです。「金メダルを取る」という長期目標があるから、逆算して短期の目標が明確にできるのです。10年後の目標達成できた姿をイメージして、1年目の短期目標を設定します。そして、半年、月、週、日単位に細かく行動のための目標に分解することが大切です。

長期と短期の目標設定をする簡単なコツ

長期の目標を設定する際に、あなたのなりたい姿を映像化できるくらいのイメージをして、「何のために」この姿になりたいのか?を明確にすると短期目標に落とし込みやすくなります。ここがあいまいだと具体的な行動が決まってきません。また、モチベーションも続きません。

例えば、自転車に乗れた時のことを思い出してください。「何のために」は、自転車を乗るために、ではなく「自転車に乗れるようになって、友達や家族とサイクリングしたい」という自転車に乗れた先のワクワクするイメージを実現するために、乗れるまで練習を繰り返したのです。

目標達成の技術のコツはとてもシンプル。過去の達成できた経験と同じです。「何のために」が明確になったら「どうやって」を短期目標に落とし込んでいくことがポイントです。

目標を達成する人は、過程(プロセス)を楽しむ

目標を達成する人は、長期の目標設定をまずつくります。その際に、「何のために?」と、「達成した姿や状態を明確にイメージできるか?」にポイントを置いています。そして、その長期目標に「ワクワクするか?」ということを自問自答しています。その後の短期目標をつくって毎日の過程(プロセス)を楽しむためです。

楽しくなる長期の目標設定をつくり、短期の目標設定に細かく分解して、日々の取り組みを積み重ね、目標達成の過程(プロセス)を楽しむことが達成まで継続できるコツです。いくら意志が強くても、楽しくないと心が折れて続かないものです。

まとめ

目標達成する技術を身につけるコツは長期目標(10年先か20年先か)をつくり、逆算して1年、半年、月、日に細かく分解した短期目標をつくることで、具体的な行動ができるようになり、日々の達成のための行動が楽しく習慣化されていきます。

その時に大切な目標の設定は、ワクワク楽しくなる長期目標の「何のために」から短期目標の「どのように」と落とし込んでいくことが大切です。そのためには、与えられた目標ではなく、あなたの内面から沸き起こる目標をつくってください。人生をより豊かにするために。

具体的な目標設定のつくり方は、クリアセミナーラボ会員向け勉強会でお伝えしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました